はちみつとブルーベリーのチーズアイスのレシピ&作り方

こっくり優しい甘さと、深いコクが特徴のはちみつ。

フルーツや乳製品との相性も良く、活用している人も多いと思います。

そこで今回は、はちみつの美味しさを活かした【チーズアイス】レシピをご紹介します。

ひと手間加えて、あの高級アイスに引けをとらないなめらか食感に仕上げていきましょう!

材料

A

・冷凍ブルーベリー 150g

・砂糖 10g

B

・砂糖40g

・はちみつ 40g

・牛乳 300ml

・クリームチーズ 200g

・卵黄 2個分

作り方

1.冷凍ブルーベリーに砂糖をふりかけて、全体をさっと混ぜる。

2.卵黄に砂糖とはちみつを入れ、白っぽくなるまでよくすり混ぜておく。

3.卵のボウルに牛乳を入れ、よく混ぜたら鍋に移して火にかける。(中火)

4.とろみがつくまで混ぜながら加熱する。沸騰させると卵に火が入ってモソモソになってしまうので、底がとろっとして湯気が立つくらいで火を止める。

5.クリームチーズを600Wの電子レンジで30秒加熱する。よく混ぜて柔らかくしておく。

7.温めた卵液をクリームチーズに少しずつ加える。その都度よく混ぜて、ダマにならないように気を付けてください。

8.ザルで漉す。ここでダマを取り除くことで、口どけが良くなります。

9.氷をあてて冷やす。ときどきかき混ぜると早く冷えます。

10.卵液が冷えたら、アイスクリームメーカーにかけて攪拌する。

アイスクリームメーカーがないときは、フリーザバックに入れて2時間おきに袋の上からよくもむ。

タッパーに入れて2時間おきにフォークでかき混ぜてもOKです。

アイスをなめらかに仕上げるコツは、よく混ぜてふわっと空気を含ませること。

ある程度凍ったら、ハンドブレンダーで攪拌するのもおすすめです。

はちみつは砂糖に比べてカロリーや糖質が控えめ。

アイスに入れるとコクが出て、固まりにくくなる性質があります。

また、はちみつに含まれるオリゴ糖とグルコン酸はお腹の調子を整える効果が期待できます。

最近流行りの腸活にもピッタリな素材なんですよ。

ふわ~っととろける滑らか食感と、チーズ・はちみつのコク、ブルーベリーの甘酸っぱさが1度に楽しめる手作りアイス。

長くなりがちなお家時間を使って、手作りアイスを楽しんでみませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトの新着情報をキャッチする

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

クイーンVの推奨記事

  1. 世界の思想と食べ物 私たちは食べ物を栄養学的視点でカテゴライズすることがよくあります。例えば…
  2. ミツバチの種類とは? ミツバチ(蜜蜂)とはハチ目(膜翅目)・ミツバチ科(Apidae)・ミツ…
  3. 2020年と2021年は、コロナで各種イベントが中止になってしまいましたが、今年の夏は3年ぶりに開催…

はちみち大学記事ランキング

最近チェックした記事

    ドクターABのイチオシ

    1. 非常においしく栄養価が高くとろみのあるはちみつは、お子さんに与える食材として非常に適しているもののよ…
    2. 今回は、子供の咳とはちみつについて言及した論文をご紹介します。 咳は気道の刺激や閉塞に対して、過剰な…
    3. 日本人の中で便秘の症状で悩んでいる人は多くおり、人口1000人あたりだと女性で45人、男性で24.5…

    ぶんぶんのオススメ

    1. モンブラン「白い山」という意味のケーキで、アルプス山脈のモンブラン山が由来となっています。 …
    2. 料理やお菓子の材料として活躍する「はちみつ」ですが、これはカクテルの材料としても大活躍します。 こ…
    3. 甘みを持つ代表的な食材として、「砂糖」「はちみつ」があります。砂糖をはちみつで、はちみつを砂糖で代用…

    アーカイブ

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます
    ページ上部へ戻る