喉トラブルに効く!ハチミツ活用法

夏の唸るような暑さから解放され、過ごしやすい秋にホッとしたのもつかの間・・・。

気温の低下と共に空気が乾燥し始め、喉のトラブルを訴える方もだんだん増えてくる季節になりました。

そこで今回は、秋に増え始める「喉トラブル」に効くハチミツの活用法をご紹介していきます。

空気が乾燥してくると、喉がイガイガしたり、咳が出てきてしまうことがありますね。

喉に違和感や不調を感じたら、あなたはいつもどのように対処していますか。

乾燥を防ぐためにマスクや加湿器を使いますか。薬局や病院で貰った咳止めの薬を飲みますか。もしくは、のど飴やハチミツをなめますか・・・?!

ここで一つ、「ハチミツが咳を抑える作用」について、興味深い研究結果をご紹介します。

気管支炎のモルモットを以下4つのグループ①咳止めの薬を投与。②アカシアのハチミツを与える。③そばのハチミツを与える。④何も与えない。に分けて、咳の回数を計測しました。その結果、薬やハチミツを与えた①②③のモルモット達は、④の何も与えなかったモルモットに比べ、咳の回数が半分以下に減ったのです。

「ハチミツは喉のトラブルを軽減し、その効果は咳止め薬と同等程度」という驚くべき結果が出たのです。

ハチミツが喉に良さそうなのは分かったけど、一体どうやって取り入れたらいいのか・・・。

お好きなハチミツを1スプーンすくって、ゆっくり喉を通過させるように食べていただいてもいいのですが、せっかくなのでおススメレシピもご紹介しますね。

ハチミツ大根

おばあちゃんの知恵袋的レシピで、昔から活用されている方法です。

①大根を1センチ角に切り、瓶に入れる。

②大根が浸るくらいの量のハチミツを入れ、一晩冷蔵庫で寝かせる。

③大根とハチミツのエキスが出てきたら完成。

うわずみエキスをそのまま、もしくはお湯に溶いて飲んでみてくださいね。

一晩待っている時間がない!という方は、「大根おろしにハチミツを混ぜる」という荒療法もあります・・・。

柑橘ハチミツ

秋冬はゆず、カボス、キンカン、みかんなど柑橘系が沢山実り始めます。旬の果物の栄養とエネルギーを利用しない手はありません!もし無農薬の柑橘類が手に入れば、スライスして皮ごと瓶に入れて、たっぷりのハチミツで漬けてみましょう。

柑橘のビタミンCたっぷりのエキスが混ざったハチミツは、そのまま食べてもいいですし、暖かい白湯や紅茶などに混ぜて飲むのもおススメです。

 

ハチミツスプレーを活用する

ハチミツレシピを作ってる暇がない!外出先でも手軽に喉ケアをしたい!

そんな方におススメなのが、ANAYA / Torigona・Peppermint Mixのスプレーです。

携帯用の小さなスプレーボトルに入っており、いつでもどこでも気軽に喉に直接ハチミツをスプレーすることが出来ます。

アナヤトリゴナハチミツ、プロポリス、レモングラス蒸留水、ペパーミントオイルが喉のトータルケアに大活躍してくれるでしょう。気になる方は、こちらのショップから購入できます➡Honeydew (stores.jp)

喉の症状が出始めたら、お薬に頼る前にまずは甘~いハチミツレシピを試してみてくださいね!レシピに使うハチミツはくれぐれも安心・安全な質の良いハチミツを使うことをお忘れなく!

 

安心安全なハチミツをお探しの方!

グリホサート、放射能、農薬、ネオニコチノイド農薬、殺虫剤、ダニ駆除剤等、

完全不検出(基準が厳しいドイツ研究機関等で検査済みのハチミツです)

混ぜ物のない本物の純粋非加熱ハチミツはコチラ➡Honeydew (stores.jp)

世界の本物のハチミツを食べ比べ!

ハチミツの素晴らしさ、効能、体内での働きを学べる「本物のハチミツ講座」

その他健康講座やブログはこちら➡https://ameblo.jp/m-honeydew/

ライター:森まり

・メタトロンサロンHoneydew代表

・TUEET認定メタトロンサロン

・上級ハニーセラピスト

・ハチミツ代理店

・ヴィタジュエル代理店

30代に入り体調を崩したのをきっかけにいろいろな健康法を試す。体の仕組みを1から勉強し、本来の体の働きを取り戻すことによって病気を克服。 現在、ハチミツ、鉱石水、メタトロン、健康講座を通じてクライアントの健康をサポートする活動を行っている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトの新着情報をキャッチする

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

クイーンVの推奨記事

  1. 秋、冬、、、と季節が進み、冷えや乾燥が気になる季節になってきました。 この季節は、お肌はもちろん、…
  2. ほんのひとさじ口に含むだけで、その甘さと美味しさに無条件で幸せになれるハチミツ。ただ美味しいだけで…
  3. 私たちが大自然とミツバチ達からのお恵みで頂いているものと言えば、「ハチミツ」を真っ先に思い浮かべる人…

はちみち大学記事ランキング

最近チェックした記事

    ドクターABのイチオシ

    1. 日本人の中で便秘の症状で悩んでいる人は多くおり、人口1000人あたりだと女性で45人、男性で24.5…
    2. はちみつは古代の時代からも、風邪をひいたときに摂ると治りが早く、はちみつ湯やはちみつレモンと言った形…
    3. はちみつは寒い時期に取るものだと思っていませんか?実は、はちみつの栄養分知ると夏にも摂ることで夏バテ…

    ぶんぶんのオススメ

    1. 皆さんは、ババロアとムースの違いを存じですか? ババロアは、卵と牛乳、砂糖で作ったアングレーズとい…
    2. ショートブレッドとは、イギリスのスコットランドの伝統的なお菓子で、バター、砂糖、粉、塩の4つの材料…
    3. カスタードクリームは、フランス語で「クレーム・パティシエール」と言います。 「お菓子屋さんの…

    アーカイブ

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます
    ページ上部へ戻る