はちみつ化粧水を手作りしてみよう!

美容効果がとても高いはちみつは、市販の化粧品にも広く使われています。スキンケアにはもちろんのこと、ヘアケアやリップクリームの代わりもなるのですが、その中でも今回は日常的によく使う化粧水の作り方を紹介しようと思います。

はちみつ入り化粧水は市販にも売られているので手軽に購入することができますが、自分で作ると入っている成分もわかりますし、何よりとってもコストパフォーマンスが高いんです。

効果が高い化粧水であっても、もったいないからと少しずつ使っていたのではその効果を十分に味わうことは難しいでしょう。その点、自分で化粧水を作れば安価なのでパシャパシャと顔だけではなく、手足にもたっぷりと使うことができます。

はちみつ化粧水の効果

はちみつ化粧水には、とても高い保湿力があります。夏はエアコンの風で、そして、秋冬は外気や暖房の影響で乾燥しがちな私たちの肌を高い浸透力と保湿力で支えてくれます。また、新陳代謝も活発になるので、くすみが解消されワントーン明るい肌を目指すこともできるでしょう。

さらに、豊富に含まれているビタミンが肌ツヤを良くしてくれるので、いつまでも健康的で若々しい肌を保つことができます。はちみつには殺菌作用もあるため、ニキビや吹き出物を防ぎ、肌の状態を整えてくれるという嬉しい効果も期待できちゃいます。

必要なもの

精製水   100ml

はちみつ  10ml

グリセリン 5ml

化粧水を入れる清潔な容器

作り方

  1. 精製水とはちみつを容器に入れて、振りながら混ぜ合わせます。
  2. グリセリンを加えて、さらに混ぜ合わせます。
  3. 容器の蓋をしっかり閉めて、冷蔵庫で保管しましょう。

防腐剤が入っていないので、2週間程度で使い切るのが目安です。

さらに保湿力を高めたい時には、グリセリンを10mlにして作ってもいいでしょう。簡単に作ることができる化粧水ですが、人によっては肌荒れなどを引き起こすことがあるので、事前にパッチテストを行ってから使用することをお勧めします。

また、市販に売られているはちみつの中には、はちみつ以外の成分を含んでいるものもあります。購入する際には必ず表示を確認し、はちみつ100%のものを選んでください。

はちみつ化粧水は日常的に使うものですが、ちょっと肌に贅沢をさせたいとき“はちみつパック”はいかがでしょうか。

はちみつを少量、水を少し加えて伸ばしてから顔の気になる部分に塗り、ラップを貼って5分後に洗い流します。こうすることで、はちみつの成分がより肌の奥まで浸透するので、紫外線を浴びた日やや肌荒れをしている時のケアとして効果的です。

ほんのりとはちみつの香りもするので、アロマのようにリラックス効果も得られる“はちみつ化粧水”をぜひ、手作りしてみませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトの新着情報をキャッチする

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

クイーンVの推奨記事

  1. 私たちが食べている食品には、賞味期限が設定されているのはほとんどの方がご存じでしょう。 では、ハチミ…
  2. 待ちに待ったはちみつ本「はちみつの教科書」がついに発売されました。 執筆された有馬ようこ(アレキサン…
  3. 秋、冬、、、と季節が進み、冷えや乾燥が気になる季節になってきました。 この季節は、お肌はもちろん、…

はちみち大学記事ランキング

最近チェックした記事

    ドクターABのイチオシ

    1. 今回は、子供の咳とはちみつについて言及した論文をご紹介します。 咳は気道の刺激や閉塞に対して、過剰な…
    2. 日本人の中で便秘の症状で悩んでいる人は多くおり、人口1000人あたりだと女性で45人、男性で24.5…
    3. はちみつは古代の時代からも、風邪をひいたときに摂ると治りが早く、はちみつ湯やはちみつレモンと言った形…

    ぶんぶんのオススメ

    1. 昔から多くの人に愛されてきた「はちみつ」は、私たちの食卓に上る機会も多いものです。 ただ、当たり前…
    2. 「はちみつ」には、高いものもあれば安いものもあります。この「値段の差」について、「なぜこんなに値段が…
    3. ヨーグルトなどに落とされる美しい金色のはちみつは、今も昔も私たちの舌を楽しませてくれるものです。 …

    アーカイブ

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます
    ページ上部へ戻る