サクサク!はちみつアイスボックスクッキーの作り方&レシピ

クッキーと言えば、クッキー型で抜いたり絞り袋で絞ったり…

なにかと揃える物が多くて「作るのが億劫だな」なんて思っている人も多いのではないでしょうか?

じつは、クッキーは特別な材料がなくても作れるレシピもあり、生地を冷凍して好きな時に焼きたてクッキーを楽しむこともできるんです。

そこで今回は、はちみつの優しい甘さが楽しめるサクサク食感のアイスボックスクッキーレシピをご紹介します。

材料

・無塩バター 100g

・粉砂糖 45g

・はちみつ 15g

・塩 1つまみ

・薄力粉 130g

・アーモンドプードル 15g

【作り方】

1.バターを室温に戻しておく。

バターが冷たい場合は200Wの電子レンジで約1分加熱し、指で押すとへこむくらいの柔らかさにしておく。

2.薄力粉とコーンスターチ以外の材料をフードプロセッサーで攪拌する。

フードプロセッサーが無い場合は、泡だて器で白っぽくなるまですり混ぜる。

3.薄力粉とアーモンドプードルをあわせてふるい、バター生地を合わせてゴムベラで切るように混ぜ合わせる。

こねすぎるとグルテンが出て食感が悪くなるので、さっくり合わせることを意識して下さい。

4.生地をラップに包み、棒状に丸く伸ばしていく。太さは4cmくらいが理想です。

5.はじの生地を平たいカードなどで押して平らにしながら、なるべく均一にコロコロ転がして伸ばして行く。くっついて伸ばしにくいときは、少量の打ち粉を使う。(強力粉)

6.生地をラップにくるみ、冷凍15分、冷蔵で1時間生地を休ませる。

すぐ焼かない時は、ラップにくるんでこのまま冷凍出来ます。

賞味期限は2週間ほどです。

7.生地を取り出す15分前に、オーブンを180℃に予熱する

8.冷蔵庫から生地を取り出し、包丁で切る。上から真っ直ぐ下に包丁をおろすイメージで切ると形がきれいに仕上がりますよ。

厚さは1cmくらいがおすすめです。

8.クッキングシートを敷いた天板に生地をのせ、170℃のオーブンで12分~15分こんがり焼き色がつくまで焼く。

9.ケーキクーラーにのせて冷まし、荒熱が取れたらできあがりです。

クッキーはいろいろなが種類ありますが、中でもアイスボックスクッキーは素朴で親しみ深く、ほっとする味がしますよね。

厚焼きのボリューム感と、サクっとした食感。はちみつのコクのある甘さが楽しめるクッキー。

出来たてならではのバターの豊潤な香りもぜひ楽しんでみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトの新着情報をキャッチする

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

クイーンVの推奨記事

  1. 世界の思想と食べ物 私たちは食べ物を栄養学的視点でカテゴライズすることがよくあります。例えば…
  2. ミツバチの種類とは? ミツバチ(蜜蜂)とはハチ目(膜翅目)・ミツバチ科(Apidae)・ミツ…
  3. 2020年と2021年は、コロナで各種イベントが中止になってしまいましたが、今年の夏は3年ぶりに開催…

はちみち大学記事ランキング

最近チェックした記事

    ドクターABのイチオシ

    1. 非常においしく栄養価が高くとろみのあるはちみつは、お子さんに与える食材として非常に適しているもののよ…
    2. 今回は、子供の咳とはちみつについて言及した論文をご紹介します。 咳は気道の刺激や閉塞に対して、過剰な…
    3. 日本人の中で便秘の症状で悩んでいる人は多くおり、人口1000人あたりだと女性で45人、男性で24.5…

    ぶんぶんのオススメ

    1. 最近では日本でも食べられるようになってきたクリスマスのお菓子、シュトーレン。 ドイツをはじめ…
    2. 「はちみつのお酒」という言葉には、2つの意味があります。1つは「はちみつを使ったお酒」の意味であり、…
    3. モンブラン「白い山」という意味のケーキで、アルプス山脈のモンブラン山が由来となっています。 …

    アーカイブ

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます
    ページ上部へ戻る