フルーツピューレとはちみつで作るふんわりムース

ふわっとなめらかな口当たりの、甘酸っぱいフルーツのムース。

作るのが難しそう!と思っていませんか?

フルーツピューレとはちみつを使って、混ぜるだけで簡単に作れる

はちみつ入りフルーツムースをご紹介します。

今回は10%加糖のアプリコットピューレを使用しましたが、

お好きなフルーツのピューレに変えてもいいですし、

手作りのピューレを使うこともできます。

手作りピューレを使用するときは、甘さを適宜調節してくださいね。

【準備】

ゼラチンは大さじ1の水に振り入れてふやかしておきます。

10%加糖ピューレは室温に戻しておきます。

生クリームは冷蔵庫で冷やしておきます。

【材料】

*ムース

10%加糖フルーツピューレ:200g

生クリーム:150g

はちみつ:30g

ゼラチン:4g

*フルーツソース

10%加糖フルーツピューレ:50g

はちみつ:10g

(ゼリーにする場合は2gのゼラチンをふやかして加えます。)

作り方

1)フルーツピューレ50gくらいを小鍋に入れて温め、はちみつ、ゼラチンを加えてよく混ぜて溶かします。

2)溶けたらすぐに火からおろし、残りのピューレも加えてよく混ぜておきます。

3)氷水につけたボウルに生クリームを入れて6~7分立てにします。

(ゴムベラですくうと、ふっくらしているが、たらたら落ちるくらい)

4)2)に、3)を加えて底から返すように混ぜます。

5)きれいに混ざったら、器に等分に分けて入れて冷蔵庫で3~5時間冷やします。

6)フルーツソースを作ります。

フルーツピューレとはちみつを合わせてボウルに入れ湯煎で溶かします。
(ゼラチンを加える場合は一緒に入れて溶かします)

7)固まった5)の上に6)のフルーツソースを等分に入れます。

(ゼラチンを入れた場合はここでいったん冷蔵庫に入れて冷やして固めます。)

8)お好みのフルーツや生クリームを飾って出来上がりです♪

 

ラズベリーピューレを使って作ったムースはこちら

  

 

今回使用したはちみつは、粘膜修復を強力にサポートするMarriです。

混ぜ物のない本物はちみつはこちらでご購入できます

身体の仕組み、はちみつセラピーにご興味ある方はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトの新着情報をキャッチする

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

クイーンVの推奨記事

  1. 皆さま、こんにちは。 はちみつ大学のぶんぶん編集長です。 以前もシンガポールでインタビ…
  2. 世界の思想と食べ物 私たちは食べ物を栄養学的視点でカテゴライズすることがよくあります。例えば…
  3. ミツバチの種類とは? ミツバチ(蜜蜂)とはハチ目(膜翅目)・ミツバチ科(Apidae)・ミツ…

はちみち大学記事ランキング

最近チェックした記事

    ドクターABのイチオシ

    1. 非常においしく栄養価が高くとろみのあるはちみつは、お子さんに与える食材として非常に適しているもののよ…
    2. 今回は、子供の咳とはちみつについて言及した論文をご紹介します。 咳は気道の刺激や閉塞に対して、過剰な…
    3. 日本人の中で便秘の症状で悩んでいる人は多くおり、人口1000人あたりだと女性で45人、男性で24.5…

    ぶんぶんのオススメ

    1. パンナコッタは生クリームや牛乳と砂糖を煮てゼラチンで固めたつるんとした食感のスイーツです。 …
    2. 最近では日本でも食べられるようになってきたクリスマスのお菓子、シュトーレン。 ドイツをはじめ…
    3. 「はちみつのお酒」という言葉には、2つの意味があります。1つは「はちみつを使ったお酒」の意味であり、…

    アーカイブ

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます
    ページ上部へ戻る