フルーツピューレとはちみつで作るふんわりムース

ふわっとなめらかな口当たりの、甘酸っぱいフルーツのムース。

作るのが難しそう!と思っていませんか?

フルーツピューレとはちみつを使って、混ぜるだけで簡単に作れる

はちみつ入りフルーツムースをご紹介します。

今回は10%加糖のアプリコットピューレを使用しましたが、

お好きなフルーツのピューレに変えてもいいですし、

手作りのピューレを使うこともできます。

手作りピューレを使用するときは、甘さを適宜調節してくださいね。

【準備】

ゼラチンは大さじ1の水に振り入れてふやかしておきます。

10%加糖ピューレは室温に戻しておきます。

生クリームは冷蔵庫で冷やしておきます。

【材料】

*ムース

10%加糖フルーツピューレ:200g

生クリーム:150g

はちみつ:30g

ゼラチン:4g

*フルーツソース

10%加糖フルーツピューレ:50g

はちみつ:10g

(ゼリーにする場合は2gのゼラチンをふやかして加えます。)

作り方

1)フルーツピューレ50gくらいを小鍋に入れて温め、はちみつ、ゼラチンを加えてよく混ぜて溶かします。

2)溶けたらすぐに火からおろし、残りのピューレも加えてよく混ぜておきます。

3)氷水につけたボウルに生クリームを入れて6~7分立てにします。

(ゴムベラですくうと、ふっくらしているが、たらたら落ちるくらい)

4)2)に、3)を加えて底から返すように混ぜます。

5)きれいに混ざったら、器に等分に分けて入れて冷蔵庫で3~5時間冷やします。

6)フルーツソースを作ります。

フルーツピューレとはちみつを合わせてボウルに入れ湯煎で溶かします。
(ゼラチンを加える場合は一緒に入れて溶かします)

7)固まった5)の上に6)のフルーツソースを等分に入れます。

(ゼラチンを入れた場合はここでいったん冷蔵庫に入れて冷やして固めます。)

8)お好みのフルーツや生クリームを飾って出来上がりです♪

 

ラズベリーピューレを使って作ったムースはこちら

  

 

今回使用したはちみつは、粘膜修復を強力にサポートするMarriです。

混ぜ物のない本物はちみつはこちらでご購入できます

身体の仕組み、はちみつセラピーにご興味ある方はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトの新着情報をキャッチする

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

クイーンVの推奨記事

  1. 秋、冬、、、と季節が進み、冷えや乾燥が気になる季節になってきました。 この季節は、お肌はもちろん、…
  2. ほんのひとさじ口に含むだけで、その甘さと美味しさに無条件で幸せになれるハチミツ。ただ美味しいだけで…
  3. 私たちが大自然とミツバチ達からのお恵みで頂いているものと言えば、「ハチミツ」を真っ先に思い浮かべる人…

はちみち大学記事ランキング

最近チェックした記事

    ドクターABのイチオシ

    1. 日本人の中で便秘の症状で悩んでいる人は多くおり、人口1000人あたりだと女性で45人、男性で24.5…
    2. はちみつは古代の時代からも、風邪をひいたときに摂ると治りが早く、はちみつ湯やはちみつレモンと言った形…
    3. はちみつは寒い時期に取るものだと思っていませんか?実は、はちみつの栄養分知ると夏にも摂ることで夏バテ…

    ぶんぶんのオススメ

    1. 皆さんは、ババロアとムースの違いを存じですか? ババロアは、卵と牛乳、砂糖で作ったアングレーズとい…
    2. ショートブレッドとは、イギリスのスコットランドの伝統的なお菓子で、バター、砂糖、粉、塩の4つの材料…
    3. カスタードクリームは、フランス語で「クレーム・パティシエール」と言います。 「お菓子屋さんの…

    アーカイブ

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます
    ページ上部へ戻る