爽やか!夏に食べたい「はちみつレモンケーキ」レシピ

はちみつファンの皆様、こんにちは!

蒸し暑い日が続いていますね。

こんな日は気分転換に、少し甘酸っぱいおやつが食べたくなりませんか?

今回は、はちみつをたっぷり使った「はちみつレモンケーキ」をご紹介します。

はちみつレモンケーキの材料

・バター(無塩) 130g

・サワークリーム 20g

・砂糖 120g

・はちみつ 20g

・卵 3こ

・小麦粉 140g

ベーキングパウダー 4g

・レモンの皮 1/2こ分

作り方

下準備

バター、卵、サワークリームは常温にもどしておく

オーブンを180℃に余熱する

小麦粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく

型に紙を敷く(18×6×8.5cmの型使用)

1.砂糖をだいたい半分に分けて、卵、バターにそれぞれ加える

2.卵を白っぽくなるまで泡立てる

3.バターと砂糖とレモンの皮を入れて白っぽくなじむまでしっかり泡立てる。

サワークリームを加えて、さらによく混ぜる。

4.バターに少しずつ卵を入れる。分離しやすので、ちょっとずつでOK。

なじんだら、小麦粉を入れて、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

すりつぶすようなイメージで混ぜます。

5.型に生地を流し込む。

焼く前に、30cmくらいの高さから2~3回落として中の空気を抜く。

6.180℃に余熱したオーブンで、40~45分焼く。

真ん中を押して、生地に弾力があれば焼けている証拠。

はちみつの分量が多いので、少し焦げやすいです。表面がこげそうなら、温度を170℃に下げて下さい。

7.焼き上がったら、型ごとトントン叩いて、ケーキを取り出す。

レモンアイシングの材料

・粉砂糖 40g

・レモン汁 15~20g

1.粉糖に、レモン汁を加えて良く混ぜる。

すくってぽたっと落ちるくらいが目安です。

レモンケーキが熱いうちに、表面にレモンアイシングを塗り広げる。

冷めたら、好みの大きさにカット。

ピスタチオを飾ると可愛らしくなりますよ。

また、バターの多く入った焼き菓子は、翌日の方がしっとりして美味しいです。

焼きたてのカリカリさを味わったら、翌日にも食べてみて下さいね。

カットして、冷凍もできます!

アイシングがすこしダレるかもしれませんが、すぐに食べきれない時は冷凍がおすすめです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトの新着情報をキャッチする

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

クイーンVの推奨記事

  1. 私たちが食べている食品には、賞味期限が設定されているのはほとんどの方がご存じでしょう。 では、ハチミ…
  2. 待ちに待ったはちみつ本「はちみつの教科書」がついに発売されました。 執筆された有馬ようこ(アレキサン…
  3. 秋、冬、、、と季節が進み、冷えや乾燥が気になる季節になってきました。 この季節は、お肌はもちろん、…

はちみち大学記事ランキング

最近チェックした記事

    ドクターABのイチオシ

    1. 今回は、子供の咳とはちみつについて言及した論文をご紹介します。 咳は気道の刺激や閉塞に対して、過剰な…
    2. 日本人の中で便秘の症状で悩んでいる人は多くおり、人口1000人あたりだと女性で45人、男性で24.5…
    3. はちみつは古代の時代からも、風邪をひいたときに摂ると治りが早く、はちみつ湯やはちみつレモンと言った形…

    ぶんぶんのオススメ

    1. 日本ではあまり聞いたことのないかもしれませんが、レモンカードというのは、 イギリス発祥のレモンバター…
    2. はちみつはそのまま食べてもおいしく、また料理に使っても活躍してくれるものです。 そしてこのはちみつ…
    3. 昔から多くの人に愛されてきた「はちみつ」は、私たちの食卓に上る機会も多いものです。 ただ、当たり前…

    アーカイブ

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます
    ページ上部へ戻る