爽やか!夏に食べたい「はちみつレモンケーキ」レシピ

はちみつファンの皆様、こんにちは!

蒸し暑い日が続いていますね。

こんな日は気分転換に、少し甘酸っぱいおやつが食べたくなりませんか?

今回は、はちみつをたっぷり使った「はちみつレモンケーキ」をご紹介します。

はちみつレモンケーキの材料

・バター(無塩) 130g

・サワークリーム 20g

・砂糖 120g

・はちみつ 20g

・卵 3こ

・小麦粉 140g

ベーキングパウダー 4g

・レモンの皮 1/2こ分

作り方

下準備

バター、卵、サワークリームは常温にもどしておく

オーブンを180℃に余熱する

小麦粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく

型に紙を敷く(18×6×8.5cmの型使用)

1.砂糖をだいたい半分に分けて、卵、バターにそれぞれ加える

2.卵を白っぽくなるまで泡立てる

3.バターと砂糖とレモンの皮を入れて白っぽくなじむまでしっかり泡立てる。

サワークリームを加えて、さらによく混ぜる。

4.バターに少しずつ卵を入れる。分離しやすので、ちょっとずつでOK。

なじんだら、小麦粉を入れて、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

すりつぶすようなイメージで混ぜます。

5.型に生地を流し込む。

焼く前に、30cmくらいの高さから2~3回落として中の空気を抜く。

6.180℃に余熱したオーブンで、40~45分焼く。

真ん中を押して、生地に弾力があれば焼けている証拠。

はちみつの分量が多いので、少し焦げやすいです。表面がこげそうなら、温度を170℃に下げて下さい。

7.焼き上がったら、型ごとトントン叩いて、ケーキを取り出す。

レモンアイシングの材料

・粉砂糖 40g

・レモン汁 15~20g

1.粉糖に、レモン汁を加えて良く混ぜる。

すくってぽたっと落ちるくらいが目安です。

レモンケーキが熱いうちに、表面にレモンアイシングを塗り広げる。

冷めたら、好みの大きさにカット。

ピスタチオを飾ると可愛らしくなりますよ。

また、バターの多く入った焼き菓子は、翌日の方がしっとりして美味しいです。

焼きたてのカリカリさを味わったら、翌日にも食べてみて下さいね。

カットして、冷凍もできます!

アイシングがすこしダレるかもしれませんが、すぐに食べきれない時は冷凍がおすすめです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトの新着情報をキャッチする

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

クイーンVの推奨記事

  1. テレビで時々食品偽装のニュースを見かけますが、残念ながらハチミツもよく偽装されている食品の一つになり…
  2. ここ数年は糖質制限が流行っている影響で、炭水化物ダイエットをしたり、甘いものを我慢する生活をしている…
  3. 日に日に寒くなってくる今日この頃、あたたかい湯船に浸かってゆっくりとバスタイムを楽しみたいですよね。…

はちみち大学記事ランキング

最近チェックした記事

まだありません

ドクターABのイチオシ

  1. はちみつは古代の時代からも、風邪をひいたときに摂ると治りが早く、はちみつ湯やはちみつレモンと言った形…
  2. はちみつは寒い時期に取るものだと思っていませんか?実は、はちみつの栄養分知ると夏にも摂ることで夏バテ…
  3. 今回は、子供の咳とはちみつについて言及した論文をご紹介します。 咳は気道の刺激や閉塞に対して、過剰…

ぶんぶんのオススメ

  1. 数年前に大流行したホームベーカリー。 買ったものの、キッチンの奥で眠っている人も多いのではな…
  2. 小さなお子様から、お年寄りまでどんな方にも好まれるスイーツカスタードプリン。 つるんとした食感と、…
  3. 気温がぐっと下がり、体調が気になるこのごろ。 ちょっと何か食べたいけど、外出するのは面倒だな…

アーカイブ

QRコード

このQRコードで当サイトTOPページが見れます
ページ上部へ戻る