はちみつりんごの簡単&時短アップルパイレシピ・作り方

サクっとした口当たりとパリパリのパイ生地が美味しいアップルパイ。

じつは簡単に手作りできるって知っていますか?

使うのは、【冷凍パイシート】。冷凍庫から取り出し、常温に15分ほど置くだけですぐに使えます。

パイの間に挟むのは、はちみつでコクを出したリンゴフィリング。

甘酸っぱさのあとに、はちみつのこっくり濃厚な味わいが楽しめます。

焼きたてが楽しめるのは手作りならではの贅沢。早速作って行きましょう!

【材料】

・リンゴ 1こ

・砂糖 大さじ1

・はちみつ 大さじ1

・レモン汁 小さじ1

・冷凍パイシート 2枚

冷凍庫から取り出しておく

【作り方】

 (オーブン余熱190℃)

1.りんごを厚さ1cmの一口サイズに切り、レモン汁・はちみつ・砂糖をまぶして5分ほど置く。

2.600Wの電子レンジで2分加熱し、取り出して混ぜなおしてから追加で2分加熱する。

リンゴに火が通り、半透明になるまで追加で加熱したら冷蔵庫で粗熱が取れるまで冷ます。

3.あらかじめ取り出しておいた冷凍パイシート1枚を麺棒で伸ばす。

打ち粉をして、耐熱容器から少しはみ出すくらいの大きさに伸ばす。

※今回は15cm×15cmの容器を使用しています。

4.耐熱容器に薄く油を塗り、パイシートを敷く。

5.中にリンゴを広げ、はみ出たパイシートは折り込んでおく。

6.もう1枚のパイシートを1cmの細さにカットしておく。

7.リンゴの上に格子状にのせ、はじの生地をつまんで下の生地とくっつける。

8.パイシートが残ったら、クッキー型で抜くと可愛らしく仕上がります。

寒い時期なので、雪の結晶にしました。

9.表面にハケで卵を塗り、180℃のオーブンで15分、160℃に下げて15分こんがり焼き目が付くまで焼く。

フォークでザクザク!ラフに切り分けたり、アイスをのせて食べても美味しいですよ。

ビタミンがたっぷり含まれていると思われているリンゴですが、じつはビタミンCはさつまいもの方が多いんです!

そのかわり、リンゴには抗酸化作用があるポリフェノールがたっぷり含まれています。

ハチミツにもポリフェノールやアミノ酸、お腹の調子を整えるオリゴ糖も含まれています。

食べて美味しいだけじゃなく、体に優しいのはありがたいですよね。

今年の冬ははちみつ入りのあつあつアップルパイを楽しみながら元気に過ごしましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトの新着情報をキャッチする

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

クイーンVの推奨記事

  1. 私たちが食べている食品には、賞味期限が設定されているのはほとんどの方がご存じでしょう。 では、ハチミ…
  2. 待ちに待ったはちみつ本「はちみつの教科書」がついに発売されました。 執筆された有馬ようこ(アレキサン…
  3. 秋、冬、、、と季節が進み、冷えや乾燥が気になる季節になってきました。 この季節は、お肌はもちろん、…

はちみち大学記事ランキング

最近チェックした記事

    ドクターABのイチオシ

    1. 今回は、子供の咳とはちみつについて言及した論文をご紹介します。 咳は気道の刺激や閉塞に対して、過剰な…
    2. 日本人の中で便秘の症状で悩んでいる人は多くおり、人口1000人あたりだと女性で45人、男性で24.5…
    3. はちみつは古代の時代からも、風邪をひいたときに摂ると治りが早く、はちみつ湯やはちみつレモンと言った形…

    ぶんぶんのオススメ

    1. 日本ではあまり聞いたことのないかもしれませんが、レモンカードというのは、 イギリス発祥のレモンバター…
    2. はちみつはそのまま食べてもおいしく、また料理に使っても活躍してくれるものです。 そしてこのはちみつ…
    3. 昔から多くの人に愛されてきた「はちみつ」は、私たちの食卓に上る機会も多いものです。 ただ、当たり前…

    アーカイブ

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます
    ページ上部へ戻る