サクほく!さつまいもとはちみつのスコーンの作り方&レシピ

イギリスのティータイムに欠かせないおやつと言えば…「スコーン」。

日本でもコーヒーチェン店やカフェで人気のメニューの1つです。最近では、専門店ができたり、身近なお店で見かけることも多くなりましたね。

じつは「スコーン」はおうちにある材料を使って簡単に手作り出来ちゃうんです…!

今回は、秋の味覚さつまいもとはちみつを合わせた簡単スコーンレシピをご紹介します。

【材料】

・さつまいも 250g(うち200gを使用)

・はちみつ 大さじ1

・ホットケーキミックス 150g

・たまご M1個

・バター 40g

・牛乳 大さじ2

・ゴマ塩 お好みで

【作り方】

1.さつまいもをさっと洗い、濡らしたキッチンペーパーとラップでくるみ、200Wの電子レンジで7~8分

柔らかくなるまで加熱する。

電子レンジに200.W設定が無い場合は、600Wで4~5分加熱する。

200Wでゆっくり加熱すると、さつまいもが柔らかく甘く仕上がります。

2.ホットケーキミックス以外の材料を、フードプロセッサーに入れて攪拌する。

さつまいもの皮がニガテな方は、外してから200g計ってください。

3.ヘラで軽く混ぜる→攪拌を繰り返す。

4.滑らかなペースト状になったら完成。

5.フードプロセッサーから取り出し、ホットケーキミックスとサックリ合わせる。

練りすぎると生地がかたくなるので、少し粉っぽさがあるくらいで止める。

オーブンを190℃に余熱する。

6.天板にクッキングシートをのせ、生地を丸めて置く。

厚さは2.5~3cmくらいが目安です。手のひらで優しく潰してください。

7.スケッパーやナイフを使って6個に切り分ける。

四角く切り分けても良いし、ちぎって丸くまとめてもOKです!

食べやすいサイズに取り分けてくださいね。

8.お好みでゴマ塩をのせ、オーブンの温度を180℃に下げて25~28分焼く。

9.表面にこんがり焼き色がつき、生地の中心に火が通っていたら完成です。

ケーキクーラーにのせて冷ましてください。

はちみつの甘い香りと、さつまいものホクホクした食感が美味しいスコーンの完成です。

定番調理が多くなりがちなさつまいもも、スイーツにすれば一味違った楽しみ方ができます。

スコーンに加えたはちみつは、主成分が【果糖】。

果糖は保水力が高く、焼き色がきれいにつきます。

スコーンだけでなく、パウンドケーキやクッキーに使うととても香ばしく仕上がるのでぜひ使ってみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトの新着情報をキャッチする

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

クイーンVの推奨記事

  1. 私たちが食べている食品には、賞味期限が設定されているのはほとんどの方がご存じでしょう。 では、ハチミ…
  2. 待ちに待ったはちみつ本「はちみつの教科書」がついに発売されました。 執筆された有馬ようこ(アレキサン…
  3. 秋、冬、、、と季節が進み、冷えや乾燥が気になる季節になってきました。 この季節は、お肌はもちろん、…

はちみち大学記事ランキング

最近チェックした記事

    ドクターABのイチオシ

    1. 今回は、子供の咳とはちみつについて言及した論文をご紹介します。 咳は気道の刺激や閉塞に対して、過剰な…
    2. 日本人の中で便秘の症状で悩んでいる人は多くおり、人口1000人あたりだと女性で45人、男性で24.5…
    3. はちみつは古代の時代からも、風邪をひいたときに摂ると治りが早く、はちみつ湯やはちみつレモンと言った形…

    ぶんぶんのオススメ

    1. 日本ではあまり聞いたことのないかもしれませんが、レモンカードというのは、 イギリス発祥のレモンバター…
    2. はちみつはそのまま食べてもおいしく、また料理に使っても活躍してくれるものです。 そしてこのはちみつ…
    3. 昔から多くの人に愛されてきた「はちみつ」は、私たちの食卓に上る機会も多いものです。 ただ、当たり前…

    アーカイブ

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます
    ページ上部へ戻る