黒はちみつで作るしっとり濃厚なガトーショコラ

チョコレートを使ったお菓子はたくさんありますが、その中でも代表的なものが、「ガトーショコラ」がです。

全卵を泡立てて作るブラウニータイプや、生クリームを使わないもの、湯煎焼きでしっとり焼き上げるものなど、作り方も多種多様です。

今回は、別立てで湯煎を使わないで焼成するオーソドックスなガトーショコラですが、粉はココアパウダーのみ、使う砂糖をすべて黒はちみつに置き換えて作ります。

はちみつを使うことでよりしっとり焼き上げることができます。

高温で焼きすぎるとしっとりした食感が失われてしまうので、焼きすぎには要注意です。

【準備】
◎ 15㎝の共底丸型に、オーブンシートを敷いておきます。
(側面の紙は下の部分に1.5㎝の切り込みを入れて折り込み、底紙を重ねるように敷きます。
◎ チョコレートは、バターと合わせて60度くらいに湯煎にかけて溶かし、50度くらいに保温しておきます。
◎ 生クリームも湯煎して人肌程度に温めておきます。
◎ オーブンは190度に保温しておきます。
◎ 卵白は使うまで冷蔵庫に入れておきます。

【材料】
チョコレート:60g
卵黄:2個(40g)
バター:40g
生クリーム:40g
ココアパウダー:40g
黒はちみつ:70g
卵白:2個分(85g)

【作り方】
(1) 卵黄にはちみつの分量の半分を加え湯煎にかけて40度くらいに温め、白っぽくなるまで泡立てます。


(2) (1)にチョコレートとバターを合わせて50度に保温しておいたものを加え中央から小さなのの字を書くように混ぜます。


(3) (2)に温めておいた生クリームを加えて同じようにしてよく混ぜます。


(4) (3)にふるっておいたココアパウダーを入れてホイッパーでぐるぐる混ぜます。少し生地が締まって混ぜにくいですが粉が見えなくなるまでしっかり混ぜましょう。


(5) 冷蔵庫から卵白を取り出し残りのはちみつを3回に分けて加え、メレンゲを作っていきます。(6) ハンドミキサーの高速で少し泡立てて腰が切れたら、1回目のはちみつを加えてお辞儀するくらいの角が立つまで泡立てます。

(7) 2回目のはちみつを加え、柔らかい角が立つくらいまで泡立てます。
(8) 最後のはちみつを加え角がぴんと立つくらいまで泡立てたら、低速に切り替えてボウルを1~2分かけて回しながらきめを整えます。

 

(9) (8)の1/3を(3)に加えて、よく混ぜます。残りのメレンゲの半分を加えてゴムベラできるように混ぜます。

(10) (8)を残りのメレンゲのボウルに加えてさらに切るように大きく混ぜます。メレンゲが見えなくなって均一になったら混ぜ終わりです。

(11) 用意しておいた型に流して、表面を均します。


(12) 190度に予熱しておいたオーブンの温度を180度に下げて25~30分焼成します。

(13) 串を刺してみて、串の先に生地が少しつくくらいになったら焼き上がりです。
(14) 網に乗せて冷まし、完全に冷めたら溶けないタイプの粉糖などでデコレーションします。

ラズベリーや、オレンジなどのピューレで作ったフルーツソースや、生クリームを添えるとさらにおいしくいただけます♪

関連記事

コメント

    • 小林宏子
    • 2021年 5月 06日

    材料の項目に卵白の分量の記載がないようです。
    多分2個分だと思いますが、気になったのでお知らせします。

      • webmaster
      • 2021年 5月 10日

      小林様、おはようございます。
      お知らせありがとうございます。
      確認の上、修正したいと思います。

        • 小林宏子
        • 2021年 5月 12日

        修正かけて下さりありがとうございます。
        作ってみましたがとても好みの味でした。
        カカオ70%のチョコレート使用したので
        食べる前はは苦味が強いかな?と思いましたが
        はちみつのおかげで甘さも程よく
        美味しく頂きました。
        ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトの新着情報をキャッチする

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

クイーンVの推奨記事

  1. 私たちが食べている食品には、賞味期限が設定されているのはほとんどの方がご存じでしょう。 では、ハチミ…
  2. 待ちに待ったはちみつ本「はちみつの教科書」がついに発売されました。 執筆された有馬ようこ(アレキサン…
  3. 秋、冬、、、と季節が進み、冷えや乾燥が気になる季節になってきました。 この季節は、お肌はもちろん、…

はちみち大学記事ランキング

最近チェックした記事

    ドクターABのイチオシ

    1. 今回は、子供の咳とはちみつについて言及した論文をご紹介します。 咳は気道の刺激や閉塞に対して、過剰な…
    2. 日本人の中で便秘の症状で悩んでいる人は多くおり、人口1000人あたりだと女性で45人、男性で24.5…
    3. はちみつは古代の時代からも、風邪をひいたときに摂ると治りが早く、はちみつ湯やはちみつレモンと言った形…

    ぶんぶんのオススメ

    1. 日本ではあまり聞いたことのないかもしれませんが、レモンカードというのは、 イギリス発祥のレモンバター…
    2. はちみつはそのまま食べてもおいしく、また料理に使っても活躍してくれるものです。 そしてこのはちみつ…
    3. 昔から多くの人に愛されてきた「はちみつ」は、私たちの食卓に上る機会も多いものです。 ただ、当たり前…

    アーカイブ

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます
    ページ上部へ戻る