はちみつ漬けフルーツでシュトーレン♪

最近では日本でも食べられるようになってきたクリスマスのお菓子、シュトーレン。

ドイツをはじめとするヨーロッパの様々な地域で、古くから愛されてきたお菓子です。

洋酒につけたフルーツやナッツ、バターがたっぷり入り、スパイスが練り込まれ粉糖をたっぷり振りかけたシュトーレンは日持ちがします。

クリスマスまでに薄く切って少しづつ食べるアドベントスイーツとして楽しまれています。

時間がたつにつれて熟成が進んでおいしくなっていくのも楽しみなスイーツです♪

今回は、はちみつ漬けのフルーツをたっぷり使ってシュトーレンを作っていきます。

ちょっと手間がかかりますが、おいしいのでがんばって作ってみましょう!!

材料

【中種】

牛乳:50g

インスタントドライイースト(金サフ):4g

スペルト小麦:50g

【本種】

スペルト小麦:200g      

ローマジパン:43g

無塩バター:100g       

砂糖:10g           

塩:3g             

卵黄:1個           

スパイス:ナツメグ、シナモン、カルダモン等適宜

【フィリング】

はちみつ漬けドライフルーツ:200g

ナッツ(アーモンド、クルミ、カシューナッツ等):40g

ラム酒:大さじ1

【仕上げ】

無塩バター:60g

グラニュー糖:適宜

泣かない粉糖(プードル・デコール):適宜

準備

ドライフルーツ200gは数日~1週間前くらいにたっぷりのはちみつに漬けておく。

ナッツは160度のオーブンで20分焼いて7~8㎜角くらいに刻んでおく。

中種用の牛乳は36度くらいに温めておく。

バターは室温に戻しておく。

使う前にはちみつ漬けフルーツはざるなどに上げてはちみつを切っておく。

ラム酒をはちみつ漬けフルーツに混ぜておく。

作り方

1)まず初めに中種を作ります。中種用の材料をすべてをよく混ぜて5分くらいこね、丸めてボウルに入れてラップをし温かい場所で30分発酵させる。

2)常温に戻したバターに砂糖と塩を加え、よく混ぜる。混ざったらローマジパンを少しずつ混ぜていく。

3)次に卵黄を加えてよく混ぜる。

4)粉を加えてスパイスを振り中種をちぎって加えてよく混ぜひとまとまりにする。

 

5)生地を広げて半分のはちみつ漬けフルーツを置いて折りたたみ、残りも加えてよく混ぜる。

   次にナッツも加えて生地の中に埋め込むように混ぜてひとまとまりにする。

 

6)生地を3分割してそれぞれを丸め、ぬれ布巾などをかけて室温で20~30分発酵させる。

   発酵したら、生地を10㎝×15㎝くらいに伸ばし、手前と向こう側を3㎝くらいずつ折り、

     少しずらして半分に折り形を整える。

 

7)25度で20~30分発酵させる。この間にオーブンを180度に予熱しておく。

8)180度25分ほど焼成する。

9)焼成後は折れやすいので、注意する。バターを20gずつ熱いうちに塗り込む。裏にも忘れずに塗る。

 

10)粗熱が取れたら、グラニュー糖をたっぷりとまぶす。

 

11)ラップで一つずつ包み、一晩おく。

12)表面をしっかり覆うように泣かない粉糖(溶けにくい加工がしてある粉糖)をたっぷりかける。

13)もう一度包みなおしてしばらく寝かせておく。クリスマスまでに薄く切って少しずついただく。

 

 

今回のはちみつ漬けフルーツに使用したはちみつはHTQブラックバットです💖

まざり物がない本物はちみつのご購入はこちら

はちみつを使った体質改善、健康情報、身体の仕組みについて知りたい方はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトの新着情報をキャッチする

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

クイーンVの推奨記事

  1. よく知られていることかもしれませんが、日本の養蜂で飼育されるミツバチには西洋ミツバチと日本ミツバチ…
  2. ミツバチは節足動物に分類され、体が頭部・胸部・腹部に分けられ、胸部に3対の脚(あし)を持ち羽で野山…
  3. はちみつは、自然な甘味料として広く使われていますが、時々キッチンにてはちみつが固まっていることがあ…

はちみち大学記事ランキング

最近チェックした記事

    ドクターABのイチオシ

    1. ハチミツの歴史は砂糖よりもはるかに古く、世界中の古代の人々は、ハチミツを上手に活用して生活をしていた…
    2. 非常においしく栄養価が高くとろみのあるはちみつは、お子さんに与える食材として非常に適しているもののよ…
    3. 今回は、子供の咳とはちみつについて言及した論文をご紹介します。 咳は気道の刺激や閉塞に対して、過剰な…

    ぶんぶんのオススメ

    1. 「ハチミツの味が変わるってどういうこと?前編・後編」では、食べ続けたハチミツの味がある日突然変わる…
    2. 人工的ではなく、ハチの知恵や努力によって生み出されたはちみつは、実に驚くほどたくさんの恩恵を私たちに…
    3. 今年は6月から夏のような暑さが続いていますね。 梅雨の時期と重なって湿気と暑さのダブルパンチで、こ…

    アーカイブ

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます
    ページ上部へ戻る