ソバはちみつとは?

日本人に馴染み深く幅広い層に人気のあるソバですが、その花については意外と知られていないのではないでしょうか。

生命力が強いソバ

ソバは、タデ科ソバ属の植物で、日本には古来中国から伝来したと言われています。日本でもかなり古くから栽培されており、各地の遺跡からソバの花粉や遺跡も見つかっているほどです。

ソバが重宝されているのはその美味しさだけではなく、雨が降らない日照りであっても実をつけてくれることや、痩せている土地でも力強く育ってくれることです。このため、稲や小麦が育たない時でも貴重な食料として人々の生活を支えてくれていました。

その生命力の強さとは裏腹に、ソバは白やピンクの小さな花をたくさん咲かせます。種まきは春から秋に行われ、2〜3か月で収穫することができます。しかし、比較的冷涼な気候を好むため、夏蕎麦の場合は暑さや湿気対策が必要となってきます。

現在、日本で食用として栽培されているソバは、普通ソバとダッタンソバが主であり、宿根ソバは中国をはじめとしたアジア地域において漢方薬として使われています。

個性的な味わいのソバはちみつ

驚くほど濃い褐色のソバはちみつは、その味わいや香りも独特です。そのため、苦手意識を感じる方も多く、好き嫌いは分かれるところです。ビギナー向けではなく、より変化のあるはちみつを求める方にオススメだと言えます。

個性的なので、あっさりとした味わいの料理と合わせることは難しく、クセのあるブルーチーズや濃い味付けやスパイスの効いたものと相性が良いでしょう。

クセが強いけれどもハマってしまいそうなソバはちみつで気をつけたいのが、ソバアレルギーです。他のアレルギーと比べても重篤な症状が出やすいソバは、ソバ粉やソバ枕などであっても症状が出やすいのが特徴です。また、意識障害や急激な血圧低下を招くアナフィラキシーショックとなる可能性が高いので、アレルギーがある場合は摂らないようにしましょう。

ソバはちみつの特徴

ソバはちみつは個性的な味わいゆえに日本ではあまり注目されていませんが、海外では人気が高く、フランスではジンジャーブレッドを作る時によく使われています。

何と言っても鉄分が多く含まれているため、貧血対策としても重宝されています。また、ポリフェノールが豊富なので美容や健康にも効果的です。特に、ルチンの含有量が多いので、生活習慣病の予防やビタミンCの吸収を促してくれる働きも持ち合わせており、まさに天然のサプリメントです。

さらに、殺菌作用が強いため風邪予防や免疫力を高める効果も期待することができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトの新着情報をキャッチする

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

クイーンVの推奨記事

  1. 世界の思想と食べ物 私たちは食べ物を栄養学的視点でカテゴライズすることがよくあります。例えば…
  2. ミツバチの種類とは? ミツバチ(蜜蜂)とはハチ目(膜翅目)・ミツバチ科(Apidae)・ミツ…
  3. 2020年と2021年は、コロナで各種イベントが中止になってしまいましたが、今年の夏は3年ぶりに開催…

はちみち大学記事ランキング

最近チェックした記事

    ドクターABのイチオシ

    1. 非常においしく栄養価が高くとろみのあるはちみつは、お子さんに与える食材として非常に適しているもののよ…
    2. 今回は、子供の咳とはちみつについて言及した論文をご紹介します。 咳は気道の刺激や閉塞に対して、過剰な…
    3. 日本人の中で便秘の症状で悩んでいる人は多くおり、人口1000人あたりだと女性で45人、男性で24.5…

    ぶんぶんのオススメ

    1. モンブラン「白い山」という意味のケーキで、アルプス山脈のモンブラン山が由来となっています。 …
    2. 料理やお菓子の材料として活躍する「はちみつ」ですが、これはカクテルの材料としても大活躍します。 こ…
    3. 甘みを持つ代表的な食材として、「砂糖」「はちみつ」があります。砂糖をはちみつで、はちみつを砂糖で代用…

    アーカイブ

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます
    ページ上部へ戻る