はちみつを使ったかぼちゃ餡で簡単モンブラン♪

モンブラン「白い山」という意味のケーキで、アルプス山脈のモンブラン山が由来となっています。

生クリームと栗をモンブラン山に見立てて山のように層にして作ります。

今回は、秋の味覚の一つのかぼちゃとはちみつで作った餡を使ってモンブラン風にしてみました。

市販のスポンジを使って、簡単に作れるのでぜひ作ってみてください。

材料

かぼちゃ:1/4カット

生クリーム:100㏄

はちみつ:55g(今回は13honey ワイルドハニーを使用)

市販のスポンジまたはカステラ等:適宜

お好みのジャム:少々

準備

生クリームを泡立てるときに使う氷水を用意しておく。

生クリーム用に丸口金、かぼちゃ餡用にモンブラン口金をそれぞれセットした絞り袋を用意しておく。

作り方

1)かぼちゃは洗ってワタを取り除き、適当な大きさに切る

 

2)蒸気の立った蒸し器にカボチャを入れ15分ほど柔らかくなるまで蒸す。

 

3)かぼちゃを蒸している間に市販のスポンジを1.5㎝くらいの厚さに切り、6㎝と4㎝の型で抜いておく。(型がない場合は、同じような大きさに四角く切って使ってもOK)

 

4)小さいほうのスポンジの両面にお好みのジャムを塗っておく。
(今回は、ルバーブのジャムを使用しました。)

 

5)かぼちゃが柔らかくなったら実の部分を250gボウルに取り分けてマッシャーでつぶす。
残ったかぼちゃの中から飾り用のかぼちゃを小さく切って取っておく。

 

6)5)にはちみつ55gを加えて良く混ぜる。

 

7)モンブランの口金を使用する場合は詰まりやすいのでここで一度濾しておく。

 

8)生クリームを氷水につけながら8分立てに泡立てる。

 

9)大きいスポンジの上にジャムを塗った小さいスポンジを乗せて生クリームを山のように絞る。

 

10)9)の上からかぼちゃ餡を絞る。

 

11)飾り用のかぼちゃを乗せて完成です!!上から粉糖振りかけてもいいですね♪

 

かぼちゃが柔らかすぎるときは、煮詰めて水分を飛ばすかはちみつを固めのものに変えてみてください。
反対に絞れないほどかたいときは、生クリームを少量足して調節してください。

 

本物はちみつのご購入はこちら

本物はちみつで体質改善できる、身体の仕組みを発信中!!
身体の仕組みに興味のある方はこちら

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトの新着情報をキャッチする

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

クイーンVの推奨記事

  1. はちみつは、自然な甘味料として広く使われていますが、時々キッチンにてはちみつが固まっていることがあ…
  2. 10月はミツバチに給餌の必要もなく、春のようにたくさんはちみつが採れる時期でもないため、「のんびり過…
  3. ハニークイーンである有馬ようこ先生がハチミツ本を出版されてから、ハチミツの秘めたるパワーや凄さを知る…

はちみち大学記事ランキング

最近チェックした記事

    ドクターABのイチオシ

    1. ハチミツの歴史は砂糖よりもはるかに古く、世界中の古代の人々は、ハチミツを上手に活用して生活をしていた…
    2. 非常においしく栄養価が高くとろみのあるはちみつは、お子さんに与える食材として非常に適しているもののよ…
    3. 今回は、子供の咳とはちみつについて言及した論文をご紹介します。 咳は気道の刺激や閉塞に対して、過剰な…

    ぶんぶんのオススメ

    1. 人工的ではなく、ハチの知恵や努力によって生み出されたはちみつは、実に驚くほどたくさんの恩恵を私たちに…
    2. 今年は6月から夏のような暑さが続いていますね。 梅雨の時期と重なって湿気と暑さのダブルパンチで、こ…
    3. 近年人気急上昇中のアフタヌーンティー。それに伴い紅茶やハーブティーの需要も高まっていて、ハチミツは紅…

    アーカイブ

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます
    ページ上部へ戻る