コーヒー花はちみつとは?

コーヒー好きにぴったりなコーヒーはちみつ

朝の目覚めの一杯や仕事中のお供にコーヒーをよく飲んでいるという方は多いのではないでしょうか。そんな方に是非ともオススメしたいのが、コーヒーはちみつです。

その名の通り、コーヒーの花から採れるコーヒーはちみつは、風味やほのかな味はコーヒーにそっくり。まさに、コーヒー好きのためのはちみつと言ってもいいでしょう。

開花しているのはたった2日!

私たちが普段飲んでいるコーヒーは、コーヒーノキというアカネ科属の植物から取れた実から作られています。比較的大きく育つコーヒーノキですが、1mほど大きくなると次第に花が咲くのを見かけるようになります。

5月頃からジャスミンのような香りのする白い花を楽しむことができますが、実はコーヒーノキの花は2日ほどで散ってしまいます。みつばち達は、その短い期間にせっせと蜜を集めるわけですから、コーヒー花はちみつはとても貴重なはちみつです。

種類によって大きな違いのあるコーヒーはちみつの特徴

そして、コーヒーにも様々な産地や種類があるのと同じように、コーヒー花はちみつもその産地や種類によって味わいや風味が変化します。そうは言っても、その違いはコーヒーとして飲んだ時ほどは感じないかもしれません。

総じて、コーヒー花はちみつはコーヒーのように濃い色で、酸味や苦味を感じるものが多いでしょう。

あとを引くような甘さではないので、クセのないチーズやパンにも合いますが、何と言ってもオススメしたいのがアイスコーヒーとコーヒー花はちみつの組み合わせです。

コーヒー自体のコクを引き出してくれますし、その甘みはアイスコーヒーの邪魔をすることなくさっぱりとした味わいを感じさせてくれます。そして、砂糖で甘味づけするよりもカロリーが控えめなのが嬉しいポイントでもあります。

コーヒー花はちみつの効果

他のはちみつのように、ブドウ糖や果糖のほか、ビタミンやミネラルが含まれているので美容や健康に良い影響をもたらしてくれます。

また、カルシウムが多く含まれていることも、コーヒー花はちみつの特徴の一つです。幅広い年代において積極的に摂取したいカルシウムですが、どの年代においても摂取量は低く、吸収率も30%ほどであることから手軽に美味しくカルシウムが得られるコーヒー花はちみつは重宝されています。

カルシウム以外のミネラルも豊富なので、生理機能の維持や調整に効果的な役割を果たしてくれます。現代人は特にミネラル不足だと言われていますので、甘みを加える選択肢の一にコーヒー花はちみつを加えてみてもいいかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトの新着情報をキャッチする

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

クイーンVの推奨記事

  1. 世界の思想と食べ物 私たちは食べ物を栄養学的視点でカテゴライズすることがよくあります。例えば…
  2. ミツバチの種類とは? ミツバチ(蜜蜂)とはハチ目(膜翅目)・ミツバチ科(Apidae)・ミツ…
  3. 2020年と2021年は、コロナで各種イベントが中止になってしまいましたが、今年の夏は3年ぶりに開催…

はちみち大学記事ランキング

最近チェックした記事

    ドクターABのイチオシ

    1. 非常においしく栄養価が高くとろみのあるはちみつは、お子さんに与える食材として非常に適しているもののよ…
    2. 今回は、子供の咳とはちみつについて言及した論文をご紹介します。 咳は気道の刺激や閉塞に対して、過剰な…
    3. 日本人の中で便秘の症状で悩んでいる人は多くおり、人口1000人あたりだと女性で45人、男性で24.5…

    ぶんぶんのオススメ

    1. 最近では日本でも食べられるようになってきたクリスマスのお菓子、シュトーレン。 ドイツをはじめ…
    2. 「はちみつのお酒」という言葉には、2つの意味があります。1つは「はちみつを使ったお酒」の意味であり、…
    3. モンブラン「白い山」という意味のケーキで、アルプス山脈のモンブラン山が由来となっています。 …

    アーカイブ

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます
    ページ上部へ戻る