はちみつ入浴剤の作り方

日に日に寒くなってくる今日この頃、あたたかい湯船に浸かってゆっくりとバスタイムを楽しみたいですよね。

お店に行くと、本当に様々な入浴剤が売られていますが、実は家庭でも簡単に入浴剤を作ることができます。手作りの良いところは、何と言っても自分の好みに仕上げられること。そして、入っている成分がわかるので、安心してお風呂に入れられることです。

ここでは、これから迎える乾燥の季節にぴったりのはちみつが入った入浴剤の作り方をご紹介します。

 

材料

重曹 100g

クエン酸 50g

はちみつ 大さじ1

お好みで食用色素やアロマオイル 適量

ボウル

ヘラ

はかり

入浴剤を固める型またはラップ

作り方

  1. ボウルに重曹とクエン酸を入れます
  2. はちみつを大さじ1入れます
  3. 食用色素やアロマオイルを入れる場合は、ここで入れます
  4. 全体がまとまるまで混ぜ合わせます
  5. 型に入れる、またはラップに包んで丸めて、半日〜1日そのままにしておきます。冷蔵庫で乾燥させてもOKです。

完成した入浴剤をお風呂に入れると、ブクブクと勢いよく泡が出ます。炭酸ガスは血行を良くしてるので日頃の疲れが取れますし、アロマを入れればお風呂いっぱいに香りが広がります。

また、はちみつを入れることで保湿や美肌効果も期待することができますが、せっかく入れるのであれば栄養たっぷりの天然のはちみつがおすすめです。少し高価ですが、きっと極上の癒しの時間を提供してくれることでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトの新着情報をキャッチする

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS


>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

クイーンVの推奨記事

  1. 私たちが食べている食品には、賞味期限が設定されているのはほとんどの方がご存じでしょう。 では、ハチミ…
  2. 待ちに待ったはちみつ本「はちみつの教科書」がついに発売されました。 執筆された有馬ようこ(アレキサン…
  3. 秋、冬、、、と季節が進み、冷えや乾燥が気になる季節になってきました。 この季節は、お肌はもちろん、…

はちみち大学記事ランキング

最近チェックした記事

    ドクターABのイチオシ

    1. 今回は、子供の咳とはちみつについて言及した論文をご紹介します。 咳は気道の刺激や閉塞に対して、過剰な…
    2. 日本人の中で便秘の症状で悩んでいる人は多くおり、人口1000人あたりだと女性で45人、男性で24.5…
    3. はちみつは古代の時代からも、風邪をひいたときに摂ると治りが早く、はちみつ湯やはちみつレモンと言った形…

    ぶんぶんのオススメ

    1. 日本ではあまり聞いたことのないかもしれませんが、レモンカードというのは、 イギリス発祥のレモンバター…
    2. はちみつはそのまま食べてもおいしく、また料理に使っても活躍してくれるものです。 そしてこのはちみつ…
    3. 昔から多くの人に愛されてきた「はちみつ」は、私たちの食卓に上る機会も多いものです。 ただ、当たり前…

    アーカイブ

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます
    ページ上部へ戻る